システムキッチンのリフォームにかかる費用は?

システムキッチンという言葉を耳にしたことがある人は多いと思いますが、正確な意味を聞かれると自信がない人はたくさんいます。

キッチンリフォームをしようとすると、必ずと言っていいほど出てくるシステムキッチンという言葉ですが、システムキッチンとは何かを解説するとともに、リフォーム時にかかる費用も解説します。

システムキッチンとはなにか

キッチンは構造によってシステムキッチンとセクショナルキッチンの二つに分類する事ができます。

その中のシステムキッチンとは、流し台、コンロ、調理台、キッチンの収納がワークトップという天板で繋がった状態で、すべてが一体になるように組み合わせられているキッチンの事です。

一体になっていることで高さもフラットになり、水平になります。

一方でセクショナルキッチンとは、流し台、コンロ、調理台などが全てをそれぞれ購入して繋ぎ合わせる事でキッチンにしている状態なので、それぞれにつなぎ目ができ、高さも水平にはなりません。

システムキッチンのリフォームにかかる費用

キッチンの一般的なリフォームにかかる費用や相場などを説明します。

「キッチンのリフォームをするのにはどれくらいかかるのか」という疑問は多いと思います。

結論から言うと、安く抑えるのであれば50万円からリフォームをする事はできます。多少機能的で良くしたい等の希望があれば150万円程度あればリフォームする事が可能です。

キッチンの種類によってリフォーム費用は変わる

キッチンの種類やグレードなどによってリフォームの費用に大きく差が出ます。

キッチンの種類は大きく分けると以下の種類に分けられます。

・I型キッチン
・L型キッチン
・対面型キッチン

そしてこれらのグレードの種類によって費用は大きく異なってきます。

では、一つずつ説明していきます。

こちらがキッチンの種類の画像になります。

画像掲載元:https://www.reform-guide.jp/topics/kitchen-hiyou/

そして、キッチンのグレードはこちらも大きく分けて3つに分類できます。

・シンプル
・スタンダード
・ハイグレード

シンプルなキッチンと一番グレードの高いハイグレードのキッチンでの違いは主に素材の違いがあります。

真紅の素材はステンレス素材が多いのですが、ハイグレードのものは人工大理石を使用しているものが多くなります。

さらに、キャビネットが木星のものかステンレスのものかの違いや引き出しに設置するレールが静かに閉まる機構が付いているかいないか、等の違いもあるのです。

これらはあくまでも目安にはなりますが、それぞれのグレードによるキッチンリフォームにかかる費用をまとめました。

項目 シンプル スタンダード ハイグレード
I型キッチン 50万~80万 60万~90万 70万~120万
L型キッチン 65万~90万 75万~120万 85万~130万
対面型キッチン 70万~100万 80万~130万 90万~160万

種類によっても特徴が変わりますので、それぞれのキッチンの特徴を説明していきます。

I型キッチン

一般的なキッチンになるので、種類や価格帯は選択の幅が特に広いのが大きな特徴です。

こちらはキッチンの大きさをあまり広くとれないような家庭でも対応がしやすい種類になります。

メリット

・全てのキッチンの中でも一番安い
・シンプルな為、場所を取らない
・レイアウトの変更が自由

デメリット

・動線が長くなってしまうとむしろ使いにくさを感じてしまう
・複数人で使用をする場合は動線が重なってしまい、動きにくい

L型キッチン

動線が短く、動きやすいのがL型キッチンの特徴で、I型キッチンの次に多いタイプになります。

作業がしやすい反面、コーナー部分の空間を上手に利用できない場合は、デッドスペースになってしまいます。

しかし、空間を上手に利用する事ができれば効率的に使用する事ができます。

メリット

・作業するのが楽になる
・I型よりも空間を広く使う事ができる
・レイアウトの変更が自由

デメリット

・配置するものによっては使いにくくなってしまう
・コーナー部分がデッドスペースになりやすい

対面型キッチン

徐々に人気が高くなってきているのが対面型キッチンになります。

その最大の特徴は作業中に壁を見ていることがないので、家族の状況を見ながら作業ができること。コミュニケーションを取りながら作業ができるのが利点です。

しかし、配管によってはリフォーム費用が高くなってしまうことがあり、ある程度の広さがないといけないがデメリットです。

メリット

・ダイニングから見た時の景色が良い
・家族とのコミュニケーションがとりやすい
・空間が広く使えるので、色んなものを置くことができる

デメリット

・ある程度のスペースがないとリフォームができない
・工事が比較的たかくなりがちになる

まとめ

システムキッチンへのリフォームとはいっても、種類などで費用に差がありどれくらいの規模のリフォームをするのかでもかなり変わってきます。

キッチンの規模や理想の形をしっかりと決めた上で、費用などの相談をするようにしましょう。